スポンサーサイト

  • 2015.12.19 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ペパーミント

    • 2015.12.11 Friday
    • 07:47
    JUGEMテーマ:ハーブ
    高さ:30cm-60cm・常緑小低木/開花期:5月から7月/性質・耐寒性(地下茎) 古代ローマ・ギリシャで浴用香料として、食物や飲料の風味付けに使用されていました。 ローマ人がイギリスに持ち込んだハーブの内、最も人気がありました。9世紀の修道院の庭先ではペパーミントが栽培されていました。西洋では古代から、軽い病気(健胃・吐き気止め・抗痙攣・発汗を促し体を冷やす・病後の回復など)の薬として使われてきました。また、ヨーロッパやアラビアで、葉を摘み取った物を乾燥させてハーブや薬味として用いられていました。ペパーミント由来の香料はお菓子やハーブティーにも用いられています。 収穫時期:夏場の花が咲く前位が最も香りが立つようです。

    栽培方法 1:高温多湿の夏場に弱りやすいので、土を盛った植え込みや石垣の上、鉢で育てるなら素焼きが良く、風通しの良い場所で育てます。
    栽培方法 2:水やりは控えめにし、やや乾燥気味に育てます。
    栽培方法 3:日当たりの良い場所で育てます。
    栽培方法 4:地下茎で増えるので、込み合った地下茎は取り除くと良いです。地下茎は切れやすく、残るとその部分から増えるので注意が必要です。
    栽培方法 5:増やすなら、地下茎を掘り出して根のある部分をポットなどに移します。
    *ミント系は、栽培方法はどれもほとんど変わらない様です。

    スポンサーサイト

    • 2015.12.19 Saturday
    • 07:47
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM