スポンサーサイト

  • 2015.12.19 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    エルブ・ド・プロバンス(シンプル)

    • 2015.12.19 Saturday
    • 18:23
    JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ
    調味料のエルブ・ド・プロバンス(シンプル)を紹介します。使う材料は、フェンネルを加える場合もありますが、今回紹介するのは、タイム・オレガノ・ローズマリーの3種類を使ったシンプルなレシピです。お魚のグリルやお肉のグリルに使うといつもとは一味違った仕上がりになります。エルブ・ド・プロバンスという名前は南フランスのプロバンス地方のハーブという意味です。 プロヴァンス地方内では古くから料理に使われていましたが、一般に知られるようになったのは1970年代に入ってからで、よく使われるハーブをひと括りにしたものを特にエルブ・ド・プロヴァンスと呼び、他のハーブと区別するようになりました。
    コモンタイム

    ローズマリー(這い性)

    オレガノ
    通常は、これらのハーブを乾燥させたもの(ドライハーブ)を使います。エルブ・ド・プロバンスとして、調合されたものも市販されていますが、タイムが効きすぎていたりローズマリーが弱かったりと、中々自分好みの味わいではない場合があります。これらのハーブを自分好みの風味に調合して、自分オリジナルの味わいを見つけるのも、ハーブの楽しみの一つです。煮込み料理に使う場合は、ローリエ(月桂樹の葉)を入れると良いと思います。

    スポンサーサイト

    • 2015.12.19 Saturday
    • 18:23
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM