スポンサーサイト

  • 2015.12.19 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    葉の違いによって使い分けよう

    • 2015.12.11 Friday
    • 07:48
    JUGEMテーマ:ハーブ
    スペアミント:葉の表面が、ざらざらしています。
    ペパーミント:葉の表面が、すべすべしています。
    この2種類の葉、使い方が違うのでしょうか?私の考えでは、使い分けた方が良いと思っています。例外もありますし、好みの問題もあるので、一概には言えませんが、一応の基準として知っておくと便利です。葉の表面がざらざらしたスペアミントはフレッシュハーブに向いています。葉の表面がすべすべしたペパーミントはフレッシュハーブだけでなくドライハーブとしても使う事が出来ます。これは、ハーブ全般的に言える事で、柑橘系の香りを楽しめるレモンバームとレモングラスですが、葉の表面のざらざらしたレモンバームはフレッシュハーブ向き、レモングラスはドラーハーブとしてハーブティーやお料理に使われています。しかし、当てはまらないハーブもあります。身近な例では「シソ」が上げられます。そのまま乾燥させる訳ではないのですが、梅干しに使ったシソは乾燥させた状態でもシソの香りがしますね。一般的に「ゆかり」と言われているものです。フレッシュで使うかドライで使うかは、少し経験して好みで切り分けるのも良いと思います。

    スポンサーサイト

    • 2015.12.19 Saturday
    • 07:48
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM